読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識の塵の中に蟄居していても宇宙の秘密を知悉することはできない

デジイチを通して宇宙の真理を解明するシンプリストのような人のブログ

【今週のお題】マイベスト家電・勝ち勝ちくん

今週のお題「マイベスト家電」ということでオススメしたいのですが、ミニマリスト的生活をしていると家電が炊飯器とドライヤーくらいしかありませんので、誰にも紹介されなさそうな【勝ち勝ちくん】をあげてみます。

f:id:papurutentakuru:20160529231732j:image

上は8年前のモノ、下段は4年くらい前のモノかな?家電ではないかもしれませんが、電池を使ってる道具なので良しとして下さい。

機能としてはボタンを押すと数字が増え、モードを切り替えると左側の数字と割り算が出来るというモノです。値段は2,500円くらいでコンビニの書籍コーナーにあるときがあります。

何に使うモノかご存知無い方も多いと思いますが、コレはパチスロにおける小役確率を計算するモノです。

パチスロをしない方にザックリ説明すると、パチスロには777が揃う大当り以外に、ベルやスイカやチェリーという小役があります。さらにパチスロの台には【設定】という出玉調節機能があり、お店側では期待する売上を調節するために色々な設定の台を配置しています(お店は営業時間中は、設定を変更することが禁止されています。)。お店側が儲けるなら、全台を当たりが出にくい設定にすれば良いのですが、お客側は当たらなければそのお店に打ちに来なくなるので、お店側では当たりやすい台や当たりにくい台を混ぜることでお客に期待感を持たせるわけです。パチスロはコインを入れると必ず1抽選を行うため、【設定】という機能がありますが、パチンコには【設定】という機能が無い代わりに、釘の調節により、抽選する場所に玉が入る数を調節し出玉管理をしています。

少し話は逸れましたが、台にもよりますが小役の出現確率が設定によって異なります。この出現確率をカウントすることで、設定の良い台かを判断できるわけです。もちろん、このカウンター使ったから必ずパチスロで勝てる訳ではありませんが、設定が良いか悪いかの判断材料の1つになります。

例えば、ハッピージャグラーV8という台を例にすると、ブドウという小役が設定の悪い台では1/6.7、設定の良い台で1/6.3で出現します。あくまでも完全確率なので上振れ下振れがあるので、10回くらいの試行回数で設定が良いか悪いかの判断は出来ませんが、100回、そして500回の出現回数ならば差異も出てくるわけです。

ここで面白いのが、ブドウが良く出現しても大当りが出ない場合があります。もちろん大当りの出現確率にも差がありますので、ここでどうするか悩むわけです。設定が良いけど偶然大当りが引けていないか、設定が悪い台だけど偶然ブドウが引けているのか・・・。

この悩みが、面白くもイライラすることにもなるわけです。

しかしながら、この小役確率を知ることでやるかやらないかの判断になり、確実に勝率アップにつながります。また小役カウンターを使ってるお客が多いお店は、設定の良い台がある優良店であるという指標にもなります。

私自身、ちまちまとカウントするせこい作業とシンプルなカラーリングのデザインが好きで持ち歩いていますし、勝率も格段に向上しました。

※ 一部地域や店によっては小役カウンター禁止のところがあります(数年前、仙台市のお店で使えなかった)ので注意して下さい。理由としては、小役カウンターを使ってる若者をみた年配のお客に、店員が小役カウンターの説明を理解させるのが大変だということでした。スマホアプリもありますが電力消費が大きいので、私は勝ち勝ちくん実物派です。