読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識の塵の中に蟄居していても宇宙の秘密を知悉することはできない

デジイチを通して宇宙の真理を解明するシンプリストのような人のブログ

【野天湯訪問】超秘湯マニアの聖地[苦木温泉]に行く、ついでに長峰温泉にも行く

野天湯好きには聖書といえる[超秘湯に入ろう!]の著者が、秘湯探しに目覚めた温泉である苦木温泉に行きました。秘湯マニアの先輩方のブログを見ていると、書籍に載っている堀立小屋は無くなり、残されたポリバスも無くなり、秘湯マニアが入りにくるので金魚の飼育用の池の水に利用しているようでしたが、聖地なので見学に、あわよくば入湯してやろうと思って行きました。

JR長峰駅そばの苦木観音橋を渡ります

f:id:papurutentakuru:20160605050031j:plain

赤と青の看板の建物裏にそれらしい施設がありました。

f:id:papurutentakuru:20160605045808j:plain

あやしげな藻が生えています

f:id:papurutentakuru:20160605045848j:plain

当時のポンプ設備が破損し、根元からお湯が自噴しています。

f:id:papurutentakuru:20160605045918j:plain

温度は30度くらいで無色透明。子供用プールを設置して湯を張りました。即席露天風呂が爆誕しました。

f:id:papurutentakuru:20160605115739j:plain

パイプが短かったので、堀立小屋の残骸と買い物袋を使って導水。

f:id:papurutentakuru:20160605114314j:plain

周りの風景はいまいち、幹線道路から丸見えです。

f:id:papurutentakuru:20160605120451j:plain

一応街中だったので、持参した水着を着て入りました。

f:id:papurutentakuru:20160605121503j:plain

すぐそばに長峰温泉というマニアックな温泉があるということで、立ち寄ってみました。

先ほどの長峰駅から北上(300mくらい?)、左側にリンゴのガードレールが見えたら車を路肩に停めます(写真奥側が長峰駅)。

f:id:papurutentakuru:20160605051144j:plain

ガードレール下に側溝があります。この発砲スチロールの引っかかってるとこが温泉だそうです。昔は、近所の方の洗濯場だったそうです。

f:id:papurutentakuru:20160605051447j:plain

前日の雨のせいで、いろんなところから水が流入して冷たくて入れませんでした。

f:id:papurutentakuru:20160605051613j:plain

苦木温泉でお湯をためている時に、私はなんでこんなことしてるんだろうと悪魔の声が聞こえてきました。