読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

知識の塵の中に蟄居していても宇宙の秘密を知悉することはできない

デジイチを通して宇宙の真理を解明するシンプリストのような人のブログ

【観光】熊野古道中辺路をテント泊で歩く(1日目)その1

お盆休みを利用して世界遺産熊野古道中辺路をテント泊にて走破しました。あんまりにも直前に思い立ったので、宿が取れなくて泣く泣くテント泊になりました。コースは滝尻王子から熊野本宮大社まで約37.8km歩き、熊野本宮大社からバスにのり熊野速玉神社、熊野那智大社那智の滝をめぐるコースです。

f:id:papurutentakuru:20160813071701j:plain

結構長い内容なので3回くらいに分けて書きます。

 

まずは紀伊田辺駅から始発の熊野本宮大社行きに乗り滝尻王子にて下車。お盆のハイシーズンでしたが、熊野古道歩きの乗客は10名程度、そのうち3名女性の外人ソロハイカーでした。

滝尻は熊野古道中辺路における神域への入り口とされています。この[王子]という場所は、熊野古道における社で中辺路の途中に数か所あります。

スタート地点の滝尻王子前に熊野古道センターという施設があります。始発バスの到着する7:30にはまだ開館していませんでした。実は、ここで詳細な無料地図がもらえるんですが、私は前日に紀伊田辺駅となりの観光協会で無料地図をもらってましたのでスルーしました。無料ですが補給ポイントや距離、上り下りなど細かく書かれていて役に立ちます。

f:id:papurutentakuru:20160813062925j:plain

まずは滝尻王子

f:id:papurutentakuru:20160813071730j:plain

この王子は明治期の廃仏毀釈でほとんどの王子は別の神社と合祀させ現存するものはほとんどありませんが滝尻王子は日本五大王子として有名な場所なんだそうです。

中辺路には、このような目印が立てられています。熊野本宮大社まで500mごとに数字が増え、75まででゴールになります。7:25に出発

f:id:papurutentakuru:20160813072328j:plain

いきなりの登りと糞重いバックパックのため心が少し折れそうになる

f:id:papurutentakuru:20160813072512j:plain

そんな折れそうな僕の心の支えが同じバスに乗っていた北欧系の女性ハイカーさんです。かもしかのような後ろ姿にちょっと元気をもらいました。しかし相当旅慣れている方みたいで、しばらくして離されてしまいました。

f:id:papurutentakuru:20160813072848j:plain

胎内くぐりという岩の隙間を通ることができる場所を通過

f:id:papurutentakuru:20160813073337j:plain

乳岩を通過

f:id:papurutentakuru:20160813073436j:plain

寝不王子に到着

f:id:papurutentakuru:20160813073735j:plain

いかにも熊野古道っぽい道

f:id:papurutentakuru:20160813075038j:plain

秘密の抜け道感がすごい

f:id:papurutentakuru:20160813080718j:plain

熊野古道の道案内は大変親切で分かれ道にはこのような立て札があり、道迷いはほとんどありません。

f:id:papurutentakuru:20160813082532j:plain

香港か台湾から来た方、日本語が上手でした

f:id:papurutentakuru:20160813083411j:plain

途中、里道に合流しました。獣害があるのか電気柵がはられています。

f:id:papurutentakuru:20160813085114j:plain

f:id:papurutentakuru:20160813085155j:plain

高原熊野神社に到着、改装中でした

f:id:papurutentakuru:20160813085609j:plain

高原霧の里休憩所に到着、棚田がきれい

f:id:papurutentakuru:20160813085933j:plain

ここで水道水補給し、自販機に千円を投入したらしばらく異音がして金額表示されず、もどっても来ませんでした。たぶん汗で濡れてたのが原因だと思います。

里道を歩くといきなりポニー

f:id:papurutentakuru:20160813091742j:plain

f:id:papurutentakuru:20160813092150j:plain

いい感じの石畳

f:id:papurutentakuru:20160813092639j:plain

いろんな場所にケルン

f:id:papurutentakuru:20160813093316j:plain

ホウキダケ

f:id:papurutentakuru:20160813093930j:plain

甲虫きれい

f:id:papurutentakuru:20160813094655j:plain

大門王子に到着

f:id:papurutentakuru:20160813095422j:plain

よくみたらヤタガラス

f:id:papurutentakuru:20160813095547j:plain

十丈王子に到着、石碑のみ

f:id:papurutentakuru:20160813102445j:plain

なんかの実

f:id:papurutentakuru:20160813102535j:plain

小判地蔵、熊野参拝中にこの場所で小判を咥えたまま亡くなった方にちなんで建てられていた

f:id:papurutentakuru:20160813103837j:plain

 上多和茶屋跡過ぎの峠頂上

f:id:papurutentakuru:20160813111830j:plain

大阪本王子跡

f:id:papurutentakuru:20160813115236j:plain

なんだか謂れのありそうな仏塔

f:id:papurutentakuru:20160813115241j:plain

蛇さん

f:id:papurutentakuru:20160813115406j:plain

お昼に道の駅牛馬童子ふれあいパーキングに到着、名物めはり寿司で昼ご飯。さんまの寿司がおいしかった。2Lの水を補給

f:id:papurutentakuru:20160813121433j:plain

このパーキング近くには熊野古道中辺路のシンボル的存在の牛馬童子像があるので見に行く

f:id:papurutentakuru:20160813122707j:plain

けっこうな道を歩いて到着、かわいい

f:id:papurutentakuru:20160813124135j:plain

馬が大槻ケンヂみたい

f:id:papurutentakuru:20160813124229j:plain

となりの一遍上人

f:id:papurutentakuru:20160813124138j:plain

写真が多いので今回はこの辺で。牛馬童子像までで12:41でした。

 

コースタイム

滝尻王子(7:28)~寝不王子(7:34)~高原熊野神社(8:56)~高原霧の里休憩所(8:59)~大門王子(9:54)~十丈王子(10:23)~小判地蔵(10:38)~上多和茶屋跡(11:18)~大阪本王子(11:52)~道の駅牛馬童子ふれあいパーキング(12:14)昼休憩~牛馬童子像(12:41)

合計距離 12.4km