知識の塵の中に蟄居していても宇宙の秘密を知悉することはできない

デジイチを通して宇宙の真理を解明するシンプリストのような人のブログ

【温泉】超秘湯・要目温泉に行く

青森県黒石市の二庄内ダムそばに要目温泉という秘湯がある。温泉マニアには有名な場所。今回、ランプの宿で有名な青荷温泉に行くついでに行ってみました。この要目温泉は、二庄内ダム建設時に消滅した7軒だけの集落要目地区に存在した共同湯で、集落の建物はなくなりましたが、共同湯だけが残り、秘湯マニアの聖地になっております。

f:id:papurutentakuru:20171008083338j:plain

まずは、二庄内ダム管理事務所に車を停めます。ここからダム放流施設の管理道がありますが、ネットの情報だと普通車走行困難ということで歩きます。

f:id:papurutentakuru:20171008081005j:plain

ダムの水位がほとんどありません。

f:id:papurutentakuru:20171008091532j:plain

駐車場からダム下を除く。写真左側に見える建物が放流施設。この裏に要目温泉があります。

f:id:papurutentakuru:20171008080952j:plain

途中までアスファルト舗装がされている

f:id:papurutentakuru:20171008081247j:plain

砂利道になっているが、2017年10月の現状では走行可能でした。近年、路盤砕石を補充したんだと思います。徒歩で25分くらいで放流施設に到着。

f:id:papurutentakuru:20171008082841j:plain

f:id:papurutentakuru:20171008083054j:plain

施設の裏に道があります。ここからは徒歩でなければいけません。

f:id:papurutentakuru:20171008083109j:plain

軽トラでも厳しいが、歩くのは普通にできます。

f:id:papurutentakuru:20171008083142j:plain

倒木で道がロストしますが、歩き後はわずかにわかります。

f:id:papurutentakuru:20171008083227j:plain

放流施設から5分程度で共同湯施設を発見。いい感じで廃墟化しています。

f:id:papurutentakuru:20171008083338j:plain

男湯・女湯に分かれていて、左側の方が浴室がきれいに清掃されている。温度が43度くらいで右側の湯船が熱すぎて入れない。

f:id:papurutentakuru:20171008083622j:plain

根性で肩まで浸かる。30秒ほどで体は真っ赤になる。オールフリーなんて飲む余裕なし。

f:id:papurutentakuru:20171008084357j:plain

誰かが清掃にきていると思われる

f:id:papurutentakuru:20171008084210j:plain

管理道は普通に走行可能なので今なら車から10分程度で行ける秘湯なのでおすすめ(状況は刻々と変化します、自己責任でお願いします。)

 

二庄内ダムといえば、ボックスカルバートの湯で有名な野天湯・二庄内温泉も途中にありましたので入りました。ロケーションが側道から丸見え(写真中央が温泉)

f:id:papurutentakuru:20171008093321j:plain

ダム工事であまったボックスカルバートで温泉が作られています。

f:id:papurutentakuru:20171008092233j:plain

看板も健在

f:id:papurutentakuru:20171008092223j:plain

気持ち悪い藻も健在

f:id:papurutentakuru:20171008093033j:plain

浴槽全体に藻が発生している状況で入浴。ドブ臭しかしない。

f:id:papurutentakuru:20171008092627j:plain

汚れた体をきれいにするために青荷温泉に行く。紅葉がいい感じ。

f:id:papurutentakuru:20171008100051j:plain

まずは混浴露天

f:id:papurutentakuru:20171008100528j:plain

f:id:papurutentakuru:20171008101650j:plain

別館の風呂

f:id:papurutentakuru:20171008102238j:plain

きれいなお湯に感動

f:id:papurutentakuru:20171008102910j:plain

ランプの宿だけに照明のすべてがランプのみ、いつかは泊まりたい宿ですな。

f:id:papurutentakuru:20171008100322j:plain